日々是適当
ゲーム・漫画・アニメ等を中心としたよろず日記
プロフィール

鳴海

  • Author:鳴海
  • ゲームとアニメと漫画と酒と煙草をこよなく愛する(一応)社会人。

    …そこ!駄目人間とか言うなぁぁぁぁ!(ノД`)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護くんに女神の祝福を! 第5話 「こころを重ねて」感想
今回のサブタイトルを見てエヴァを、ラストのエメレンツィアの台詞で究極超人あ~るを思い出した管理人はもう若くないのであろうか…
sa-snapshot20061105131925.jpg
今週は第5話、ストーリー的にも前回の続きです。

sa-snapshot20061105134254.jpgsa-snapshot20061105134317.jpgsa-snapshot20061105134334.jpg
先週のラストで突然倒れた絢子さんでしたが、倒れた原因は絢子さんの肉体が成長した事により体内のビアトリスが混乱した為らしいのですが…アニメ版ではあまりビアトリスについての説明があまりなされてないので原作未読者には少々唐突な印象がありました。(管理人は一応原作9巻、番外編2巻読了済みです。)まぁ、とりあえずビアトリスが変調をきたすとくしゃみが出るって事で。(それは違う)

sa-snapshot20061105140225.jpgsa-snapshot20061105140245.jpgsa-snapshot20061105140301.jpg
とりあえず護に一言言っておきたい。
女の子の日記を勝手に読むんじゃなーい!(#゚Д゚)
それはさておき絢子さんの日記です。見てみると結構可愛い文字を書いている反面内容は非常に散文的な気が。多分絢子さんの性格が出ているのでしょうけど。

sa-snapshot20061105141954.jpgsa-snapshot20061105142021.jpgsa-snapshot20061105142038.jpg
絢子のいない学園祭初日。(瑤子を除く)生徒会メンバーの棒っぷりに泣けてきます…ってか杏奈さん、あなた演劇部にも拘らずその棒っぷりは一体……
えーと、八木に関しては……そっとしておいてやりましょう。にしても会長の超脚本は観客には不評だった模様です。普通ならあそこは笑い所だと思うんですがブーイングまで出てましたからね。

sa-snapshot20061105143307.jpgsa-snapshot20061105143513.jpgsa-snapshot20061105143552.jpg
結局、考え付いた策は外部から絢子さんの体内のビアトリスに干渉してコントロールする事でした…とはいえこのシーンも今までのビアトリスに対する説明不足が祟ってるおかげで若干原作の緊張感が薄れてるような気がします。まぁ、こういう小難しい説明は基本的に物語の進行を阻害するものですから、それらをバッサリ切り捨てて絢子さんと護のラブラブイチャイチャっぷりに焦点を絞ったスタッフの判断は正解だと思うので仕方のない事なのかなぁ…
それと3人の会話の中で「プロイセンの魔王」という気になるキーワードが出てきました。まぁこれはあと数話もすれば出てくると思いますのでそれまでお待ちくださいって事で。

sa-snapshot20061105145437.jpgsa-snapshot20061105145510.jpgsa-snapshot20061105145545.jpg
絢子さんとの接触シーン。ベタって言えばベタ過ぎる所ですがここはまぁ王道中の王道って事でこれが正解でしょう。妙にひねってミクロの決死圏だのサイコダイバーだの黄金のマスク編だのファウード突入だのやられてもこっちが困りますから。
………とはいえこのシーンだけ切り取ると誰がどう見ても新婚初夜にしか見えないですねぇ…

sa-sa-snapshot20061105150550.jpgsa-snapshot20061105150603.jpgsa-snapshot20061105150925.jpg
sa-snapshot20061105150655.jpgsa-snapshot20061105151010.jpgsa-snapshot20061105151043.jpg
翌日学園祭2日目、そこには無事快復した絢子さんの姿が。そこに駆け寄る汐音がいい味出してます。ただのセンス悪いキャラじゃないって事ですね(いや、センスの悪さは覆しようのない事実ですが…)。そして舞台ですがラストのキスシーンで護は唇に向かうはずの所を微妙に起動修正して唇の横へ。……ヘタレと言っていいですか?
その後のカーテンコールで今度は絢子さんが護に(ホッペに)キスをした訳ですが、それを見る護の妹の逸美、かなり複雑な表情をしています。まぁ風呂上りにぱんつ一丁で「興奮する?」なんて聞いてくるくらいですから内に秘めたる想いは解りますが(普通の妹はそんな事しない)どうなんでしょうかね、ちなみに原作ではソレっぽいエピソードは殆どないんですが、オリジナルでもやるのかな?
そして原作とは登場タイミングが微妙に違いますが遂に出てきましたエメレンツィア!今回は顔見せ程度でしたが次回からが本番です。原作人気では絢子さんと対を成すキャラですので彼女の登場によってどうストーリーが展開していくのか非常に気になります。

作画は高位安定、ストーリーも(ビアトリス関係で気になる所があったものの)おおむね良好とどんどん安心して鑑賞できる作品になってます。まぁ今週は少々ぱんつ分とバイオレンス分が不足してましたが、ストーリーの関係上許容範囲ですかね。
来週も楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:護くんに女神の祝福を! - ジャンル:アニメ・コミック

護くんに女神の祝福を! 第4話 「私だけの王子様」感想
うーん、相変わらずこの作品のOPは聴いてると背中がむず痒くなってくるようなこっ恥ずかしさがありますね。例えてみると「ラムのラブソング」のような…(古い)

sa-snapshot20061029013547.jpg
今週は第4話。
前回のレビューで原作2巻も大幅にカットされそう…と書きましたが、ものの見事に予想が的中しました。今回2巻エピソードの半分が削られています。
元々2巻は今回放映された護と絢子さんが劇をする話と、今回の話の発端となった人物、演劇部部長の明日香を中心とした話の2つの大きな流れがありました。明日香自身も(生徒会メンバー程出番はありませんが)原作では結構重要なキャラで、これをばっさり切り捨てるとはスタッフも思いきった事をするなぁ…と当初思いましたが、実際に観てみると意外と普通…というかかなり上手く再構成されていて驚きました。
まぁ、実際原作2巻を今週と来週の2話分で構成しようとなると話を無理矢理詰め込むかいくつかエピソードをカットするかの2択しかない訳で、無理矢理話を詰め込んで超速展開のダイジェスト版にするよりはエピソードを半分に削っても3話までの流れ(護&絢子さんのラブラブバカップルぶりとそれをいじり倒す生徒会メンバー)を残しつつすっきりとした構成にする方が正解だと思います。
事実、テーマを絞り込んだおかげで1,2話のような駆け足感はなく、明日香関連の話をカットしたのにも関わらず(アニメを観ただけでは)それが気になるような違和感もありませんでした。(唯一、本番3週間前の時点で舞台を降板しなければならない体調不良って何?、みたいなツッコミ所が残ってしまいましたが)
とはいえ、このままでは流石に明日香が不憫なので後の話でいくらかは補完して欲しい所ですが。

sa-snapshot20061029025028.jpgsa-snapshot20061029025207.jpgsa-snapshot20061029025446.jpg
以前から管理人が提唱している(笑)この作品の3大要素、絢子さん・ぱんつ・バイオレンス(主に生徒会メンバーに対して)は今回も健在でした。…えっ、メガデレ?何それ?
雨に濡れて着替える絢子さんと護の会話もなかなかよかった……とはいえ
sa-snapshot20061029025916.jpg
スタッフの皆さん、流石にこれは色々と間違った方向に頑張り過ぎてると思います。
普通のカット割りの定石を無視したぱんつへのこだわり…なんか上のシーンではぱんつと会話してるような気分になりましたよ…

sa-snapshot20061029141825.jpgsa-snapshot20061029142017.jpgsa-snapshot20061029141921.jpg
前回のレビューで汐音の髪型が変化しないと苦言を書きましたが、今回ささやかながらも髪型に変化がありました。アニメでキャラを動かす事が前提にある為、そうそう髪型を増やす訳にもいかない(その分設定が膨れ上がる)ってのは前回レビューの後調べて解りましたので、髪型の変化はこの辺りが限界なんでしょうかね。うーん、これ以上の事を求めるとなると京アニレベルの作りこみが必要になるんだろうなぁ…(京アニは現在Kanonで名雪や栞の私服を毎回変えるという地味ながらもとんでもない事をやっている)

作画も高レベルのまま安定してくれているし、今回は話の展開もよく今まで放映された中で一番いい出来だったと思います。特に今回の原作再構成は見事の一言につきます。
次回は学園祭本番、この良い流れを維持したままでいて欲しいですね。

テーマ:護くんに女神の祝福を! - ジャンル:アニメ・コミック

護くんに女神の祝福を!第3話「青春のかくれんぼ」感想
今週は第3話。今回は1巻の取りこぼしエピソードの再構成+オリジナルエピソードって形です。
sa-snapshot20061014164700.jpgsa-snapshot20061022085504.jpg

ストーリー的には絢子さんの家族の事情とあいかわらずの生徒会による護&絢子さんいじりで、オリジナルエピソードだけあってあまり話の展開が速すぎるって感じはしませんでしたね。(オリジナルだから当然ですが)
基本的には前回と同じく絢子さんとぱんつと(生徒会メンバーに対する)バイオレンスが強調されていて、当分はこのフォーマットで行くんじゃないかと思います。

各シーンを見ていくとなかなかの出来かと。
sa-snapshot20061022091323.jpgsa-snapshot20061022091444.jpgsa-snapshot20061022091522.jpg
まずは護の妹の逸美ちゃん。風呂上りのシーンは原作1巻にあったシーンですが、まさかここを完全に映像化してくるとは思いませんでした。(管理人的にはバスタオルを体に巻く程度の変更は当然あると思ってましたので)もしこの作品が地上波だったらこのシーンはアウトだったかも…
ちなみに「興奮する?」「馬鹿、風邪引くから早くパジャマ着なよ」のくだりで逸美に対して全く無反応の護ですがこれは当然の反応かと。(管理人も2歳年下の妹がいるのでこの感覚はよく解ります。『妹のいる人間に実妹萌えは理解できない』ってヤツですかね)

sa-snapshot20061022093643.jpgsa-snapshot20061022093709.jpgsa-snapshot20061022093741.jpg
次に吉村護歓迎かくれんぼ大会。このあたりはオリジナルですね。とはいえこれをかくれんぼといってよいものやら…
たとえ見つかっても見つけた相手を殲滅すればセーフってそれなんてメタルギアソリッド?

sa-snapshot20061022094641.jpg
…「だっちゃ」て………いや、何も言うまい。まぁ、この人原作では正真正銘のガチホモですからツッコミ入れるだけ野暮なんですが…

まぁ、作画レベルも安定してるし色々面白い所もあって全体的には及第点だと思うのですが3話まで観ていくつか不満点がある事も確かです。
一つめはあまりにも早すぎる展開。原作がラノベって事もありますしすべてのエピソードを映像化すると予定の原作数を消化できないってのもあるのでしょうがそれでもビアトリスの説明すらロクにしてないってのは端折り過ぎな気が。放映予定を見るにエメレンツィアが6話に登場って事を考えると原作2巻も大幅にカットされそうですし…
二つめは汐音。別に声に不満がある訳でもなく出番が少ない訳でもないのですが、あの髪型が1種類固定ってのはどういう事か。原作ではあの髪型はそれこそ日替わりで変化していて汐音の重要なアイデンティティになっているのですが。
sa-snapshot20061022100903.jpg
三つめはコイツ。普通にイラネ。

それと絢子さん萌えと二人のラブラブバカップルぶりだけでは1クールだけならともかく2クールは少々キツイ気がします。ここはヨハンとエメレンツィアの登場を待つしかないんでしょうかね。ヨハンによって話に緊張感を、エメレンツィアによって絢子さんとは別種の萌えの拡充を、って感じで。これに加えてもう少し余裕のあるストーリー展開になってくれればこの作品は化ける可能性があると思うのですけどねぇ…

不満はあれども希望もあるって事で、(カテゴリを独立させて)この作品とはもう少し付き合って行こうと思います。願わくば最終回を見終わった後、視聴し続けてよかったと思える出来になってる事を祈って。

テーマ:護くんに女神の祝福を! - ジャンル:アニメ・コミック

護くんに女神の祝福を! 第2話 「アストラル・ファイア奪還作戦」感想
さて今回の第2話でこの作品の方向性が大体見えてきたような気がします。

sa-snapshot20061014164937.jpgsa-snapshot20061014165040.jpgsa-snapshot20061014164700.jpg
今回よりOP追加。画的には普通ですが、歌が昨今の作品にしては珍しくコテコテのアニソンになっております。

ストーリーの方ですが予想はしていたものの、これがとんでもない超速展開。結局2話で原作1巻分消化してしまいました……っつーか消化不良起こしてるよ…原作未読者には少々酷な気が(既読者は既読者で最後の逆告白シーンが改変されてむかついてるとは思いますけど)。
まぁ、流石にこのペースで話が続くとは思いませんが、原作1巻当たり4話くらいは使って欲しい所です。

超速のストーリー展開に目を瞑って個々のパーツだけ見ると悪くないんですけどねぇ…絢子さんは可愛いしお約束もしっかりと押さえてあるし。あと秘密基地ちっくな生徒会室での会議風景の見せ方はなかなか面白かったです。

とりあえず現時点でのこの作品の見所は
sa-snapshot20061014171444.jpgsa-snapshot20061014171533.jpgsa-snapshot20061014171603.jpg
絢子さんと
sa-snapshot20061014172032.jpgsa-snapshot20061014171509.jpgsa-snapshot20061014172452.jpg
ぱんつと
sa-snapshot20061014171634.jpgsa-snapshot20061014171819.jpgsa-snapshot20061014171716.jpg
バイオレンス(主に護を除く生徒会メンバーが対象…てかぶっちゃけ摩耶と汐音)って事になるんでしょうか。


…とりあえずストーリーをもっと丁寧に描いて欲しいなぁ、折角2クールあるんだし。

テーマ:護くんに女神の祝福を! - ジャンル:アニメ・コミック

護くんに女神の祝福を! 第1話 「恋するビアトリス」感想
とりあえず休日にその週に観た作品の感想を書けるだけ書いてみる事にしました。

まずは「護くんに女神の祝福を!」から。
sa-snapshot20061009140239.jpg


原作は岩田洋季、電撃文庫より本編9巻、番外編2巻。管理人は4巻まで既読状態です。

まず初めに感じたのはとにかく展開が速い。出会いから速攻告白とか第1話にして原作1巻エピソードの約半分を消化しています。このペースで2クールだと原作のどこまで行くんだろ?なんかシャナの超圧縮構成を思い出しました。(聞いた所によると5話で原作の2巻分が消化される模様。速過ぎ…)

次に気になったのは東ビ大付属。原作のカラーイラストもあって立地的には普通の学校かと思ってたんですが、まさか海上建造物とは…まさか海底に秘密基地とかないだろうな…GGGとか…
秘密基地といえば生徒会室もなんだか秘密基地の司令部チックになってました。うーん、管理人はどうもそこらへんのイメージのギャップを修正する必要があるかも…

ちなみに原作には存在しないオリキャラが1名。絢子のストーカーをやっております。現時点では思いっきり浮いておりますがこれからどうなるんでしょうねぇ。2クールあるからこいつメインの回もあるのかな?

作画は今のところ問題なし。ってか普通に絢子さんかわいいし。まぁ、第1話時点で作画が崩れてるようでは2クール継続視聴は難しいだろうからなぁ。
声は汐音の声が若干イメージとずれてた以外はいい感じです。摩耶の声がまんま某超能力少年だったのは(イメージ通りだったとはいえ)笑いましたが。

どうやらこの超速展開をスタッフがきっちり構成できるかが勝負になりそうですね。管理人的にはエメレンツィアが出てくる第6話までは視聴を続けるつもりですが。


……それにしてもツンデレの定義があまりにも広がりすぎ。何にでもツンデレってつけりゃいいってもんじゃないよなぁ…個人的には絢子さんはツンデレの定義からは外れてると思うんだが。

テーマ:今秋放送開始アニメ - ジャンル:アニメ・コミック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。