日々是適当
ゲーム・漫画・アニメ等を中心としたよろず日記
プロフィール

鳴海

  • Author:鳴海
  • ゲームとアニメと漫画と酒と煙草をこよなく愛する(一応)社会人。

    …そこ!駄目人間とか言うなぁぁぁぁ!(ノД`)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプキン・シザーズ第5話「あさはかな者達」感想
うーん、作画レベルがいまいち不安定だなぁ…良い時は非常に高いクオリティなんだけど。今回の作画が底である事を祈ります。

sa-snapshot20061031225915.jpgsa-snapshot20061031225834.jpg
今週は第5話、伍長は最初から最後まで入院してます。

sa-snapshot20061031230308.jpgsa-snapshot20061031230424.jpgsa-snapshot20061031230455.jpg
今回の主役、原作ファンの間からは尿瓶看護婦と呼ばれ伍長の宿敵ともいわれるロゼッタさん。(アニメ化にあたり名前が付きました)今回に関して言えば少尉よりもはるかに目立ってました。欲を言えば今回のラストは原作通り尿瓶を割ったおかげで2針縫って再入院…までやってもらいたかったですが。
今回は1~4話の流れと比べてみて比較的軽いエピソード(というかぶっちゃけ下ネタ)が多い回でしたが、まぁこんなのもアリだと思います。原作でもそうですし…

sa-snapshot20061031232811.jpgsa-snapshot20061031232833.jpg
今回の気の毒な人、(元)鞄職人のワンツさん。不況→リストラのコンボは現代日本に通じるものがあり、なんとなく身につまされます。にしても勤続20年で退職金が鞄1個ってのはなんとも…現代日本だったら裁判ものですな。

sa-snapshot20061031234256.jpgsa-snapshot20061031233932.jpgsa-snapshot20061031234321.jpg
「ずっと不安だった…
 ランタン点けてりゃ殺しまくりで…
 ランタン無しじゃ何もできない…
 俺みたいな人を殺すしかできない奴が3課でやっていけるのかって…
 ちゃんと馴染めてるのかって…
 でも、今日ちょっと自信がついた…ワンツさんが准尉達の事を俺の同僚って見てくれた…
 だから、その人にこんな間違った終わり方されるの、嫌だ!」
戦車の前では鬼神の如き働きをする伍長も一般社会の中ではこんな苦悩を抱えている…これは誰にでもある事ではないでしょうか。少なくともこのシーンに於いて伍長は901ATTでも命を無視された兵隊でもなく、ただの人間として描かれていたと思います。

sa-snapshot20061101001355.jpgsa-snapshot20061101001152.jpgsa-snapshot20061101001206.jpg
今回いまいち出番のなかった少尉ですが、決める所は決めてくれます。しかし今回の少尉、なんとなくツンデレ風味でしたね。

正直作画は微妙でしたが話としては笑いあり、ほろりとさせるいい話ありと十分満足いく内容でした。ただ、この1~5話は原作とほぼ内容が一緒なんですよね。アニメ版としては次週の初オリジナル回(とはいえ原作エピソードも使ってるっぽい)である第6話がこの作品の今後を占う重要なポイントになるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:パンプキン・シザーズ - ジャンル:アニメ・コミック

パンプキン・シザーズ 第4話「ヒビ割れた肖像」感想
3話に比べ作画レベルが回復してて正直安心した第4話です。
sa-snapshot20061025000249.jpgsa-snapshot20061025000223.jpg

今回妙に異質に感じたのが伍長の見る悪夢。血のように真っ赤な空、Töten Sieという文字に被さる「殺せ!」のセリフ、動きが完全にゾンビな兵士、伍長の体を這い上るTöten Sieの文字…なんというか徹底的に「気持ち悪さ」を強調した映像でした。
恐らく901ATT時代の記憶が見せた夢だと思いますがあれだけ凄惨な夢でも最後の最後に現れる少尉の姿のおかげで「今日はちょっといい夢でした」と言える伍長…たぶん日常的にあの夢を見てるんでしょうね。
それにしても3話の時も思ったのですが、伍長ホームレスて…軍も宿舎くらい用意すればいいのに…

今回は第2話の事件の時押収した戦車の調査。なんでも戦車に搭載されていた自動給弾装置が帝国でも未だに研究段階のシロモノで、これの出所を探って欲しいとの指令でした。
ちなみに少し気になったので簡単に調べてみたのですが、自動給弾装置は現在ですら陸上自衛隊の90式戦車や現用のロシア戦車などにしか搭載されておらず、今なお給弾手による手動装填が一般的らしいです。となるとこの作品世界の技術レベルからすると(陸情3課の移動手段がシュピムワーゲンって事を考えると第二次世界大戦時くらいか?)相当進んだ技術である事が伺えます。

…まぁ結果から言えば調査はものの見事に空振り、それどころか何者かに後をつけられた挙句戦車が証拠隠滅の為に襲撃を受けてしまう始末(断言は出来ませんが3課を尾行してた車に襲撃者が乗ってたんだと思うのですが)。
うーん、結果論とはいえ3課の行動が妙にマヌケに見えたのは自分だけでしょうかね?個人的にはあの尾行する車はいらなかったような気がします、あの乗用車が一般化されてない(と思われる)作品世界で車が車を尾行するってのは異様に目立つだろうし(ちなみに原作では尾行する車はありませんでした)。

それと今回注目されていたのはマーチス准尉の伍長(の過去)に対する疑念。ウェブナー技術中尉の質問、コルトゥ博士宅で聞いた伍長の所持している銃(ドアノッカー)が1挺も製造されていないという話、そして極めつけは自分も巻き込まれた襲撃者との戦闘における伍長の異様すぎる戦闘スタイル…これらによってはじめは大して気にしてなかったマーチスも伍長がかつて所属していた部隊、901ATTに対する疑問が段々と大きくなっていきます。そしてハンクス大尉に詰め寄って耳にした名前が『不可視の9番(インヴィジブル・ナイン』…この名前が今後の大きな鍵になる事は間違いないと思います。

それにしても今回の伍長は本当に怖かった!
sa-snapshot20061025013721.jpgsa-snapshot20061025013754.jpgsa-snapshot20061025013835.jpg
あの凄惨なまでの伍長の表情と不協和音まじりのおどろおどろしいBGM(しかも最後の方にはTöten Sieの声が被ってくるオマケ付)が零距離の世界での戦闘を見事に現していました。
それにしても伍長はランタンが点灯すると完全に人が変わりますね。痛覚自体もないんじゃないかと思う時もありますし…(伍長が痛みを表現するのって少尉に引っ叩かれる時くらいしかないんですよね。今回もランタン点灯時は言うに及ばず、猫に引っかかれた時もノーリアクションでしたし)ここらへんの謎は一番最初に出てきた女性、ミュゼ・カウプランが関係してくるんじゃないかな、と思います(たぶん…)


作画は上々、話も丁寧と今週も思いっきり楽しめました。来週も楽しみです。

テーマ:パンプキン・シザーズ - ジャンル:アニメ・コミック

パンプキン・シザーズ 第3話 「其は貴きものなりて」感想
前回のレビューの後、原作残り3冊を購入してすべて読了しました。いやこれ、原作も面白いわ。

さて第3話、今回は少尉が主役です。
sa-snapshot20061017230025.jpgsa-snapshot20061017230104.jpg

とりあえずはじめに感じたのは作画レベルの低下…いくらなんでも作画崩壊と言う程崩れてる訳ではありませんでしたが流石に1・2話のレベルには届いてないような気が。まぁ次回予告を見る限りではまた作画レベルは回復している様なのでこのまま崩れっぱなしではなさそうですが。

話の方ですが民を助けると誓った人間が普段飢えなどとは無縁の位置にいる矛盾ってヤツに少尉が悩みます。これに対する少尉の最初の答えが民の位置まで降りてくる事。作中では家から歩いて軍まで行ったり断食をしたりしてましたが少尉らしいと言ったらなんかアレなんですがまことにストレートかつ判りやすい事で…
この行動が良い事なのか悪い事なのか、なんてのは様々な意見があるでしょうし世の作品の中にはこれを是とするものも多々ありますが、この『パンプキン・シザーズ』においてはこれを是とはしてないようです。それどころかこのような行動を青臭い奇麗事、単なる自己満足と斬って捨ててるような気が…(あくまでも管理人の私見です)
実際、歩いて軍まで行った結果遅刻するは断食したあげく腹を空かせてぶっ倒れるわトンネル工事の依頼に行った先で渋る住民相手に一緒に働くと提案しても「話にならん」と一蹴されるわ…少なくともこの作品では少尉の採った行動は間違ってるように見受けられます。
そしてその後の伍長との会話で戦災を病気、民を患者、3課を医者に見立てての「患者は痛みや苦しみを判って欲しい訳じゃない、医者と仲良くなりたい訳でもない…ただ、救って欲しい。…それだけです。」という伍長のセリフがこの作品での少尉(並びに3課)の進むべき道を示しているように思います。
患者(民)を救う為ならなんでも利用する。それこそ自分の地位だろうが皇帝のお墨付きだろうが…(とりあえず真っ先に使われるのは3課の連中でしょうが)このような考えがベストなのかは管理人は判りませんが少なくともベターなのではないのでしょうか。事実、住民達はこの少尉の気迫の篭った説得の応じてくれた訳ですし。


今回もストーリー自体は原作1話分約60ページを若干足したり引いたりしながらもきっちりかつテンポよく纏めてあります。これで1・2話レベルの作画で安定してくれたら傑作になると思うのですが、どうなるんでしょうね。
とりあえずカテゴリをアニメからパンプキン・シザーズ単品に分離して最後まで付き合って行こうと思います。GONZOクオリティーの発動だけは勘弁してもらいたいものですが…

テーマ:パンプキン・シザーズ - ジャンル:アニメ・コミック

パンプキン・シザース 第1話・第2話感想
ではパンプキン・シザーズの感想行きます。1話2話セットなのは単に1話を観た後になかなか感想を書く時間を見つけられずに2話目まで観てしまったせいです…

原作は現在5巻まで。ちなみに管理人は1話視聴終了時点では未読(月マガの読みきりを斜め読みした程度)でしたが2話を視聴するまでに2巻まで購入、読了しています。


最初第1話を観るまではコテコテのミリタリー物かと思っていましたがどうやら違うようです。んー、なんというか(舞台や設定は全く別物ですが)るろうに剣心と微妙にイメージがダブったような。

んで感想。このまま作画が安定したままなら今期上位を狙える作品だと思います、各キャラもしっかりキャラ立ちしてますし。第2話のオレルド准尉のセリフ「死ぬ気はねぇ、だが死なせる気はもっとねぇ。…なんせお前ははじめての部下なんだからよ」にはグッとくるものがありました。
対戦車戦も迫力がありなかなか見応えがありました。普通対戦車だとトラップを駆使するとかどでかい対戦車ライフルを使うとかが管理人のイメージにあったんですが、大口径の単発式拳銃で接近戦をやらかすとは驚きました。しかも接近するのにスピードで攪乱するのではなく少しずつ少しずつにじり寄るように歩いていくとは…軽快さはないがその分重みと凄みがあって怖いモノがあります。
……あ、これらの描写ってホラー映画のエッセンスも多分に含まれてる事なんですね、たった今気付きました。たしかに
sa-snapshot20061012004853.jpgsa-snapshot20061012004931.jpgsa-snapshot20061012004958.jpg
これとか
sa-snapshot20061012010059.jpg
これなんかはまんまホラー映画ですし。
考えてみればランタン点灯中のオーランド伍長はゾンビかターミネーターみたいです。

(以下妄想)警察署の受付にてランタン点灯中の伍長
「サラ・コナーはどこだ?」


ごめんなさい、もうしません。
まぁ、このような対戦車戦ばかり毎週やられても飽きがきますので次は別のものを見てみたい気もしますけど、1話2話の原作再限度からいくとこのまま原作に忠実に進行しそうなのであまり心配する必要はなさそうです。
結果として1週間の楽しみがまた1つ増えたようなので管理人としては万々歳です。
原作もなかなか面白かったのでとりあえずは原作の残り3冊も早いうちに確保しとかないとなぁ…





チラシの裏1
どうでもいい事ですが何故か各キャラの名前を覚える気になりません。全部階級で事足りるからなんでしょうが…



チラシの裏2
しかし冗談抜きで夜道でランタン灯した伍長の出くわしたら洒落になりませんね。管理人だったら悲鳴上げて逃げ出すかと…(逃げ切れるかどうかはまた別の話)



テーマ:パンプキン・シザーズ - ジャンル:アニメ・コミック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。