日々是適当
ゲーム・漫画・アニメ等を中心としたよろず日記
プロフィール

鳴海

  • Author:鳴海
  • ゲームとアニメと漫画と酒と煙草をこよなく愛する(一応)社会人。

    …そこ!駄目人間とか言うなぁぁぁぁ!(ノД`)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanon 第5話 「魔物たちの小夜曲 ~serenade~」
連休って事で金・土と家を空けていた為、更新が止まってました。とりあえずはKanonと護くんのレビューをさくさく進めんとなぁ…
sa-snapshot20061105002821.jpg
てな訳で今回は第5話です。

sa-snapshot20061105003917.jpgsa-snapshot20061105003947.jpgsa-snapshot20061105004000.jpg
まずはアバン。ここは今までは少女のモノローグに合わせて結構抽象的な映像(但し原作プレイ済みの人間にとっては思いっきり深読みが可能な映像)が流れていたのですが、今回はこのモノローグが一体誰のものなのかはっきり解る映像になっていました。
以前にも書きましたが原作ゲームではこのシーン、声が入ってない上に雪が降ってる所しか画像もない為、クライマックスまで誰が語っているのか解らないようになっていました。(恐らく制作者が意図的にやったものでしょう。実際管理人も土壇場まであれは祐一のモノローグだと思っていましたから)今回のアニメ化において京アニがあえてこのシーンにミスディレクションを用いなかったのはどういう意図があるんでしょうか?(やろうと思えば原作通りにできた筈です)気になる所です。(まぁ、単純に解りやすくする為かもしれませんが)
ちなみにこのシーン、東映版では少女の語り+
sa-snapshot20061105010234.jpg
こんな感じの映像でした(雪の結晶の中の画像は先週のダイジェスト)

sa-snapshot20061105011136.jpgsa-snapshot20061105011011.jpgsa-snapshot20061105011025.jpg
先週のラストは夜の学校で祐一と舞が出逢った所で終わりましたが今週はその続きからです。
さて、今回Kanonが京アニの手によって再アニメ化されるに当たって管理人的にいくつか注目したい点があったのですが、その中の一つが『舞ルートにおける魔物の描写』でした。そして今回、その描写が具体的になると内心楽しみにしていたのですが……いませんね、魔物。何度か見返してみたのですが、舞は間違いなく何もない空間に向かって突撃し、斬撃を加えています。
うーん、これは『魔物の具体的描写はない』でFAなんでしょうかね?そうなると京アニはかなりの難問に挑戦してるのかもしれませんね。なにせ相手のいない剣劇ってのは第三者的視点で見ると相当見せ方に工夫しないと極めて滑稽な画になりますから…

sa-snapshot20061105020422.jpgsa-snapshot20061105020459.jpgsa-snapshot20061105020510.jpg
ここでテロ発生。第1話の名雪の着替えシーンでも思ったんですが、TBSは間違いなく狙ってテロップ入れてますねぇ…
まぁ、お約束って言えばお約束にも程があるお風呂でばったりのシーンですが、よく見ると真琴と一緒に湯舟に入ってるヒヨコのおもちゃ、コレが気持ち悪いくらいになめらかに動いているんですよ。普通こんな小物にまでCG使うかなぁ…

sa-snapshot20061105022441.jpgsa-snapshot20061105022521.jpgsa-snapshot20061105022550.jpg
今週のあゆパート、1分11秒。先週までの扱いと比べると急に扱いが小さくなってます。まぁ、原作でもこの辺りで共通ルートから個別ルートに移行してますし、あゆの扱いが小さくなった分、他ヒロインの比重が大きくなっているのでこれは仕方ない事でしょう。…とはいえ名雪の空気化の方はますます進行してる気もしますが…
ちなみに先週、今週と続けてあゆが水瀬家を訪問してますが未だにあゆと名雪の直接的な遭遇はないんですよね。この二人のすれ違い状態、一体いつまで続くんでしょうか…ん?そういや原作ではそもそもあゆと名雪の直接対決ってありましたっけ?前回のプレイがかなり前なんで見事に記憶が風化してるなぁ、あゆが水瀬家を結構訪問してるのは覚えてるんだけど…

sa-snapshot20061105025738.jpgsa-snapshot20061105025807.jpgsa-snapshot20061105025845.jpg
もの喰う人々。この作品とにかく食事シーンが多いです。しかもそれぞれが非常に美味しそうに描かれているんですよね(ジャム除く)。なんでここまで美味しそうなのか考えてみたのですが、丁寧に描かれた画は勿論ですがそれとは別に『音』も効果的に使われているんじゃないかと思います。今回の食事シーンを耳を澄ませて聴いてみると、漬物を食べるポリポリって音やタコさんウィンナーを噛み切るプチッという音まで入ってました。漬物の音はともかく、ウィンナーを噛み千切る音って今までのアニメでは聞いた事がないような…毎度の事ながら京アニの芸の細かさには驚かされます。

sa-snapshot20061105032634.jpgsa-snapshot20061105032713.jpgsa-snapshot20061105032759.jpg
舞と佐祐理さんとのお弁当の直後に栞と逢うって……作中ではあまりにも自然で気にならないんですがよくよく考えると凄いことしてますよね、この男。
まぁそれはさておき栞パートです。今週も栞は自分の姓を明かしませんでしたし、祐一との会話の中で「うん、そうするね、お兄ちゃん」とか「祐一さん、本当にお兄ちゃんみたいです」のような台詞も出てきました。
(以下原作ネタバレあり故反転。但し管理人の考察という名の戯言が多分に含まれてるので決して真に受けないように。)これってある意味代替行為の一種なんでしょうかね?現時点で栞は完治する見込みのない病気に侵され、近い将来の死を宣告されている身で、しかもその現実に耐えられなかった(一番近い肉親の)香里からは拒絶されている状態です。絶望のどん底にいる状態で最後に縋り付きたい相手からの拒絶……栞が拒絶された姉の代わりに(無意識の内に)祐一を兄として縋りたくなるのは自然な事かもしれません。
……ひょっとしたら京アニ版Kanonでは祐一と栞は恋愛関係ではなく擬似的な兄妹関係として描かれるかもしれませんね。今週の栞パートのラストで出てきた3つの雪玉、これが栞と祐一、それと香里の3人を暗喩してるような気がしてなりません。

(ここまで戯言)

sa-snapshot20061105041012.jpgsa-snapshot20061105041026.jpgsa-snapshot20061105041049.jpg
再び舞台は夜の学校。ここでは原作でもあった舞と真琴の遭遇が描かれています。それにしても舞の真琴に対する行動、なんとなく第1話の野良犬に対する対応とそっくりな気が…ひょっとしたら舞の眼には真琴が本来の姿として写ってるのかもしれません。

今週は舞と真琴、2人のウェイトが大きい回でした。(反面あゆと名雪が割りを食ったような…栞はいつもと同じくらいですね)このような構成から考えるとクライマックス以外は完全な各ヒロインの当番回ってのはないんでしょうかね。できれば1回づつくらいはあってもいいような気がしますけど。
とはいえ今週も濃密な30分でした。なんというか京アニ版としての深読みが楽しくて楽しくて…(笑)また来週も楽しませてくれる事を期待します。


今週のおまけ
sa-snapshot20061105020617.jpg
この真琴、どうしても観鈴に見えるんですけど…

スポンサーサイト

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」感想
……とりあえず京アニがONEのアニメ化も狙ってるのはよく解った。
sa-snapshot20061027220713.jpg
いきなり長森牛乳かよ!!
と、TVの前で引っくり返ったのは管理人だけじゃないと信じたい…

さて今週は第4話。今のところ各ヒロインとまんべんなく接触してる為、傍から見るとハーレムルート一直線に見える祐一ですが(そんなルートはありません)実際は誰ルートなんでしょうかね?普通に考えりゃあゆなんでしょうけど。

まぁ、なにはともあれまずはコレですね。
sa-snapshot20061027223945.jpgsa-snapshot20061027224019.jpgsa-snapshot20061027224057.jpg
名雪のブルマ&ポニテ姿…じゃない、名雪の部活風景です。原作ゲームでは名雪の体育着の立ち絵はあったもののイベントとしての部活風景ってのはありませんでしたから、こういう場面をしっかりと映像化してくれるのは嬉しい所です。
……それにしても祐一、堂々と女子陸上部の練習を視姦見学ですか、うらやまs………いえ、なんでもありません。

sa-snapshot20061027231739.jpgsa-snapshot20061027231800.jpgsa-snapshot20061027231905.jpg
祐一「月宮あゆ。俺の知り合いです。」
あゆ「よろしくお願いします♪」
秋子「えっ?……月宮…あゆちゃん?」
あゆ「え…?」
祐一「ん?」
秋子「……あっ、いえ、私の気のせいですね。」
原作知っている人間にとってはかなりくる会話ですね、コレ。ぶっちゃけ伏線のかたまりみたいなシーンです。

そして今回のハイライト。
sa-snapshot20061027225848.jpgsa-snapshot20061027225912.jpgsa-snapshot20061027225942.jpg
原作にはなかったあゆと真琴の邂逅です。あゆが水瀬家に来た直後の真琴の行動は人見知りの激しい子供のようにも見えますが、よくよく考えてみるとあの行動、警戒心と好奇心がないまぜになった野生動物のそれによく似ているんですよね、しかもあゆに餌付けされてるし。


sa-snapshot20061027233639.jpgsa-snapshot20061027233700.jpgsa-snapshot20061027233733.jpg
そして夜の学校での舞との邂逅…このアニメでは祐一と舞は既に出会っているので祐一のリアクションがどのようなものになるか楽しみです。(舞の方は恐らく覚えてないんだろうなぁ…)

今週も物語は淡々と、しかし静かにではありますが確実に動き始めている印象があります。これからも目が離せない展開が続きそうです。(いや、別に派手なシーンがあるって意味じゃなくてうっかり気を抜くと見過ごしてしまいそうな伏線や小ネタが大量にあるって意味で…)



今週のおまけその1
sa-snapshot20061027235638.jpgsa-snapshot20061027235609.jpg
祐一の横を通り過ぎる振袖姿の女性達。最初はなんだ?と思いましたが確かによく考えると3学期が始まってすぐの休みって大体成人式がある所が多いんですよね。普通なら見過ごされやすい所も見逃さずに描写してくるのには今更ながら驚きました。


今週のおまけその2
sa-snapshot20061028000413.jpg
先週のBOOKS SHIMANOに引き続きAirに出ていたお店第2弾、新沼米酒店です。Airの方では美凪ママが大量に米を買ってました。
……それにしてもナイス米ってどんな米なんだか…

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

Kanon 第3話 「記憶のない組曲 ~partita~」感想
さて、週に一度のお楽しみ、Kanonの時間がやってまいりました。今週は第3話です。
sa-snapshot20061020233229.jpgsa-snapshot20061020233250.jpgsa-snapshot20061020233358.jpg

なんか毎回毎回この30分は京アニの超絶クオリティーに圧倒されっぱなしなのですが、今回も凄かったです。特にアバンのモノローグ部分と裏庭での栞との会話で使われた2つの『雪』の描写が。
アバンの方の雪は「おいおい、今まで俺はここまで実写並みの距離感と濃厚な密度の降雪シーンなんかアニメで観た事ないぞ、一体どうやって作ってるんだ?」ってな感じで一瞬で画面の中に引き込まれてしまいましたし、雪の降る中、裏庭に出た祐一の前に木の陰から姿を現した栞のシーンは細かなカット割も駆使して鳥肌物の出来になってました。管理人の中ではこの栞の登場シーンはあの『Air』の観鈴の初登場シーンすら超えたと思ったのですが、どうでしょうか?(別に管理人は特に栞スキーって訳でもないにもかかわらず、です)
しかもこの一連の栞とのシーン、はじめはかなり強く降っていた雪が時間経過と共に徐々に弱くなり、栞と別れる頃にはすっかり止んでいる…という極めて凝った演出も加えられています。たしかにKanonでは雪は非常に重要なファクターではありますが、ここまで拘った描写には開いた口が塞がらないというか…本当に頭が下がります。
sa-snapshot20061020235444.jpgsa-snapshot20061020235538.jpgsa-snapshot20061020235555.jpg

さて話の方は先週のラストで出てきた真琴が前半部のメイン、中盤で前出の栞、後半がいつもの通りあゆ、という流れでした。ちなみに舞&佐祐理さんも少しだけ出番があり、祐一は原作と違いこの時点で二人の名前を知ります。この辺はどうなんでしょうね…夜の校舎で初対面というインパクトある出会いを京アニは今回敢えて外してきたように感じましたがこれを超えるサプライズが夜の校舎で起こるのか気になるところです。

話が前後しましたが今回の前半部のメインを勤めた真琴、「大きなおでん種」ネタにはじまり、「了承。」、殺村凶子、深夜の(祐一による)こんにゃく攻撃と立て続けに笑わせて貰いました。また非常に切れのいいオーバーアクションも真琴らしくて素晴らしい。作品中盤くらいまではこの作品のお笑い担当になってくれれば…と思ったりもします。(原作のラストがラストですからねぇ…財布を調べるシーンで出てきたプリクラを見ただけでちょっとうるっときたのは秘密だ)
sa-snapshot20061021001452.jpgsa-snapshot20061021001516.jpgsa-snapshot20061021001419.jpg


今回は(管理人的に)扱いが小さくなりましたが他のキャラもあいかわらずいい。…まぁ名雪が微妙に空気化し始めてる様な気もしないでもないですが…(とはいえ今週の名雪はなにげに私服が2パターンあったりするんですよね)

結論としては今週も30分、至福の時を過ごせました…と。来週も楽しみにしています。



今週のおまけ
sa-snapshot20061021003108.jpg
この店…たしか霧島診療所の隣にもなかったか?




追記
この記事を上げた後もう1度第3話を観返してたのですが、ラストの祐一と真琴の会話で1つ引っかかるセリフが。

真琴「可愛いの!真琴が、真琴は可愛いって言ってるんだから可愛いの!」

管理人は記憶に残ってないんですが、これって原作でもあったセリフでしたっけ?
……考え過ぎかもしらんが、もし万が一これがアニメオリジナルのセリフだとすると『本物の沢渡真琴』が登場する伏線だったりして……(間違いなく考え過ぎ)

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

Kanon 第2話 「雪の中の入祭唱 ~introit~」感想
さて、早くも管理人的今期No.1作品になりつつある(いや、元々鍵信者なもんで…こればっかりは譲れねぇ…)Kanon、今週は第2話。今回はストーリーの流れを追いかけるような形でレビューしていきます。


アバンのモノローグは窓、そして外にはちらつく雪。単純な構図ですが観る人が観ると結構なネタバレになってるような気が(モノローグを語っている人物が誰なのか、そしてこの構図はその人物の視点ではないのか、だとするとその人物は一体今どこにいるのか…)。頭っからなかなか深読みをさせてくれますねぇ。

さて、所変わって水瀬さんちの朝。

「あ~さ~、あ~さ~だ~よ~~。あさごはんたべて~がっこういくよ~~」

名雪ボイス目覚まし時計起動。予想通り思いっきり腰砕けボイスです。しかし祐一、よくアレで目が覚めたなぁ…少なくとも管理人には無理です。
そして直後に隣の部屋から目覚ましの大合唱。驚いた祐一が名雪の部屋に入ると
sa-snapshot20061013210533.jpg
これだよ…
大音量の目覚ましに耐え切れなくなった祐一は
sa-snapshot20061013210908.jpg
はい、消えたぁ!
…………って、これひょっとしてなるほどザ・ワールド?また懐かしいネタを…


それでも起きない名雪を無理矢理起こして場面は朝食へ。
そ・こ・で…遂に出ました…いや、出てしまった………
sa-snapshot20061013211618.jpgsa-snapshot20061013211723.jpg
ジャムキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!

あの東映版ですら禁じ手にしてた(のか?)謎ジャムがとうとうアニメで初お目見えです。しかし本当に破壊力あるなぁ…祐一から嫌な汗は止まらないわBGMは突如変わるわ空間は歪むわ…

そして学校へ。学校では玄関で香里と北川に遭遇。このへんはアニメオリジナルですね。第1話の時点で二人には逢ってますし。
…どうでもいい事ですがこの二人、なにげに祐一と名雪の『後』に学校に到着してるんですよね。さりげなく遅刻ぎりぎり?

あっという間に時は流れて放課後。ここで祐一は原作と比べるとかなり時期を前倒しして舞&佐祐理さんと初遭遇。まぁ原作ではこの二人はルート限定みたいな所がありますからこういう形での遭遇はありじゃないかなと。
sa-snapshot20061013213833.jpg


その後祐一は学校を観て回ろうと単独行動になるが…いきなり迷うwちなみに校内での彷徨中に後々キーポイントとなる場所がいくつか出てきました。
sa-snapshot20061013215244.jpgsa-snapshot20061013215305.jpg

sa-snapshot20061013220318.jpg
……しかし、高校の部活でヌードデッサンなんかホントにやるのかね…

無事香里に救助され学校を出た祐一は商店街へ。そこでまたしても逃亡中の窃盗犯あゆに遭遇、巻き込まれる羽目に。このあたりは原作に忠実に作られていますね。
祐一とあゆ、道に迷う→話の流れからお互い7年前の知り合いだという事を思い出す→あゆ、感激して祐一に抱きつこうとする→祐一、反射的に回避→あゆ、木に激突→激突の振動で木から雪が落下、栞が巻き込まれる→祐一、栞と知り合う
この辺の流れは完璧でした。
sa-snapshot20061013221142.jpgsa-snapshot20061013221150.jpgsa-snapshot20061013221233.jpg


栞に帰り道を教えて貰い、商店街まで戻って鯛焼き屋に詫びを入れた後あゆは再会を約した指きりをして(左利きのあゆは最初左の手袋を外そうとしたが逆だという事に気付いて右の手袋を外す、これも芸が細かい。)退場。その後秋子さんに頼まれていたおでんだねを買い、スーパーから出てきた所に真琴登場。
sa-snapshot20061013222524.jpg

「やっと見つけた…あなただけは許さないから!」と祐一に襲い掛かりますがその姿あたかもコントのごとし…その内腹を空かせた真琴は気を失ってしまいます。

ここで第2話は終わりなんですが少し気になった事が一つ。第1話でも思ったんですが、なんか次週への引きが妙に弱いというか、曖昧な気がします。もう少しインパクトのある所で切ったほうがいいような…(例えば今回の第2話では真琴が毛布?を外して全身が出た所(上のキャプのシーン)で切って、それ以降は第3話に持っていった方がよかったと思います。まぁ、素人考えですが…

まぁ、全体的には相変わらず高クオリティーを維持してて何度も見返したくなるような出来になっています。この調子で2クールしっかりと完走して貰いたいものです(京アニさんの事ですからあまり心配はしてませんけどね)



……ふぅ、やっとレビュー終わった。この形式は手間がかかるなぁ、書き始めてから3時間掛かってるよ……orz
次回はもう少しシンプルに行きます。



今週のおまけ
sa-snapshot20061013223649.jpgsa-snapshot20061013223733.jpg
二人を見つめる老人、そして立ち去る老人の目尻には涙が…
この老人は二人の戦いを見て何を感じ、何を思ったのだろうか…(多分判明しない)


テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

Kanon 第1話 「白銀の序曲 ~overture~」感想
さて、再開の挨拶もそこそこにKanonのレヴューにいってみましょうか。ぶっちゃけこれがこのブログを再開した一番の理由ですし。

とりあえず第一印象としては相変わらず京アニすげーなーってのが正直な所。まぁ作品が作品ですからそうグリグリと動く絵自体はありませんでしたが、それでもアバンでの電車の描写には「うおっ!」とか思わず声が出てたり。
背景に関しては文句なし。『Air』で見事に描ききったあの突き抜けるような夏空とは対照的な北の地における冬空を精巧に描写しております。あと少し予想外だったのは祐一達の住む町が思った以上に都会だなぁと。ものみの丘から見下ろす町がビル街だったのはちと驚きました。まぁ、どうやら舞台のモチーフが(京アニ版では)札幌らしいのでこれは当然なのかもしれませんが。(ちなみに駅は原作と同じく京阪守口市駅でした)

次に声。これは基本的に問題なし。祐一の声が杉田智和氏に変更になっていましたが(個人的には)キョンのイメージはあんまり残ってなかったのですんなりと聴き慣れてしまいました。(春にハルヒを視聴した後にアクエリオンを一気に観たせいでシリウスの声(これも杉田氏)が上書きされてしまったからかもしれませんが)

最後にストーリー。……とは言ってもまだ第一話ですし話自体はまだ殆ど動いていません。精々各ヒロインが顔見せ程度に出たり出なかったりしているだけで。ただ、Aパート頭のモノローグはかなりネタバレ気味に作られてるなぁ…と。原作ではあのシーン、音声が入ってなかったので誰のモノローグかはクライマックスになるまでぼかされてたんですよね。

とにかくあっという間の30分でした。これから原作では複数分岐するストーリーを京アニがどのように料理していくのか楽しみにしながらこの半年を過ごしていきたいと思います。



おまけ:今週の小ネタ
dorori

どろり濃厚、北の大地に立つ

poteto

どうみてもポテトです。本当に(ry

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。